特殊清掃で行われる作業内容について

日本は高齢化社会が加速しており、それに伴って孤独死も増えています。

孤独死の増加に比例するように増えているのが遺品整理業者なのですが、遺品整理に加えご遺体の損傷が激しい場合は特殊清掃の必要性がでてきます。

●特殊清掃とは?

特殊な亡くなり方をした場合、まず不審死として扱われます。

事件性が無いか確認する為警察の現場検証が行われ、死因が特定されたら大家さんやご遺族が入室できるようになります。

発見されるまでにある程度日数が経っていることが多い為死臭が漂っておりますし、感染のリスクもあるので素人が掃除するのはとても危険です。

そんなときにお願いするのが特殊清掃の経験が豊富な専門業者です。

特殊清掃はただ単純に掃除すればいいということではありません。

汚染箇所の解体・不要品処分・消毒をしながら死臭を消してゆきます。

一般的には、業者によって対応できる作業や内容が異なります。

依頼する前に手順や内容を把握しておきましょう。

●特殊清掃で行われる作業は?

特殊清掃の作業として起こりうるものは消毒作業・不要品の処分・害虫駆除・汚染箇所の解体・清掃・消臭・オゾン消臭・脱臭・壁張り替え・フローリングの張り替え・遺品整理などです。

こういったことをどこまで依頼するのか、しなければならないのかは現場を見て貰わないと判断できません。

一般的な清掃と違いますので、特殊清掃に対応してくれる業者をインターネットで探して見積もりをしてみるようにしましょう。

特殊清掃ができる遺品整理業者であれば、どちらも並行して行ってくれます。