不動産投資は新築と中古どちらの不動産物件が良いか?

不動産投資解決ブログ

不動産投資をする際に購入する物件について、新築物件と中古物件では設備や間取りなどによるニーズの差、利回りの差があります。

不動産投資は新築と中古どちらの不動産物件が良いか?

不動産投資をするとなれば、当然利益のある不動産探しをしたいというのが本音だと思います。

ニーズがあって入居者が確保できそう、近いうちに価格の上がることが予想できるなど、不動産投資を成功させるには不動産探しがとても重要です。

不動産探しをする際に、新築物件がいいか中古物件がいいか迷ってしまうこともあると思います。

購入することだけを考えれば、やはり新築物件の方が価値が高いことから購入価格も高く、よって利回りは中古物件に比べるとあまり良くなく、そしてリスクもその分高いと考えられます。

しかし、新築物件というのは設備が最新であり充実しているためにニーズが高くなるために、空き室のリスクは回避しやすい物件とも考えられます。

利回りが悪くとも、常に安定した収入を得たいと考える不動産投資の場合はお勧めと考えられます。

中古物件の場合は、その物件の状態にもよりますが、やはり新築物件と比較して、設備や間取りなどで場合によって入居者を確保しにくいといえます。

よって立地条件の良さなど選ばれるポイントを見つける必要があります。

入居者が確保できるという条件があれば、新築物件に比べれば、高い利回りを期待することができます。

リフォームの必要がある物件の場合は経費についても考える必要があります。

不動産投資をする際に購入する物件について、新築物件と中古物件では設備や間取りなどによるニーズの差、利回りの差があります。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN

Copyright 不動産投資解決ブログ - www.prochef360blog.com. All Rights Reserved.